活用次第で生活を豊かにできる融資とキャッシング

無担保ローン

不動産担保ローンとはどんなローンか

担保ローンには幾つか種類があり、担保が不要なものを無担保ローンと言います。クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融や銀行のカードローンなどは無担保でお金を借りることができるのですが、担保を取らない限りにその人の信用力でお金を貸しています。とはいえ担保も何もとならないのはリスクが高いことですので、それは金利を高く設定することで融資をしています。不動産担保ローンは、担保価値とその人の信用力に応じて融資をしています。そのため、貸し手側にとっては担保回収ができるメリットがありますので大きい金額を融資することができて、金利も低く設定することができるのです。

低金利と高限度額とリスク

不動産担保ローンのメリットは何といっても低金利で融資が受けられることです。無担保ローンだと18%での融資ですが、不動産担保ローンであれば9%代から融資をしてくれます。トータルでの返済額を少なくすることができて、長期間で返済計画を立てることができますので返済も楽になります。なぜ低金利て大口の融資、そして長期間で返済をすることができるのかというと不動産を売却すれば融資した金額を回収しやすいメリットがあるためです。しかし、返済をすることができなくなった場合ですが、不動産担保で融資を受けると抵当が設定されます。つまり、返済できなくなった場合は担保に設定された不動産を失うことになるのです。もし担保価値が下がった場合には、その差額分の返済を続けていかなければならなくなります。